ボトックスで気になるエラを小さくしよう【咬筋の発達が原因】

サイトメニュー

角ばった顔を滑らかに

顔に触れる女性

追加注射も受けられる

多様な部位の治療に活用されているボトックスは、エラ張り顔を解消したい人にも人気です。エラボトックスは特に小顔に憧れる20代女性に人気がありますが、施術を受ける男性もわずかながらいます。知らない内に歯軋りや食いしばりをしている人は少なくなく、気付くと咬筋が張っているケースは珍しくありません。このようなクセがある人は、張ってしまった筋肉を緩めることは簡単ではないものの、ボトックス注射を打つことでエラ周りを痩せさせられます。小顔を手に入れられるだけでなく、歯軋りなどのクセも解消できたという喜びの声も聞こえています。エラボトックスにかかる費用は、両頬10万円が相場です。しかし、クリニックを選べば2万円台から施術できます。施術を受ける際には見積書を入念にチェックし、追加料金がかからないか、適量が注入されるかといった点を確認します。それから、当日施術を受けられるクリニックも少なくないですが、今日施術すれば割り引くなどの勧誘を受けて、後日高額な費用を請求されるといったトラブルはゼロではありません。焦らせるような言葉をかけられたら、一旦帰宅して熟考した方が安心です。患者の気持ちに沿って考えてくれる医師がいるクリニックを選びたいところです。医師はエラ張り顔をボトックスで解消できるか否かを、診察で筋肉の動きなどを見て確かめます。咬筋の力がそれほど強くなければ、適切な他の施術方法を勧めるのが一般的です。他のエラ解消方法の一つが、顔面輪郭形成術です。エラ骨を削ってフェイスラインを滑らかにします。大手術となるので、安易な気持ちで受けられるものではありません。気軽に受けられるのはボトックスのような注射治療ですが、同じく注射施術のヒアルロン酸注射でエラがカバーできる可能性もあります。ヒアルロン酸をあごに注入して顎先を尖らせると、フェイスラインがシャープになるからです。しかし、希望通りボトックスでエラが解消できると判断された場合は、費用や注意点を確認後、同意書にサインします。支払いは、施術前に済ませるクリニックが多いです。支払いが済んだら、医師が注射する箇所を消毒及びマーキングして注射を打ちます。注射後少し冷やしたら帰宅可能です。ボトックスの効き目は、普通数日後に現れてきて、1、2週間後にピークを迎えます。ピーク時期を目安に、クリニックでは無料の追加注射を行っています。もし効き目が弱いなと感じたら、追加で打つといいでしょう。ただし、全てのクリニックで行っているとは限らないので、始めに確認しておくと安心です。

Copyright© 2018 ボトックスで気になるエラを小さくしよう【咬筋の発達が原因】 All Rights Reserved.