ボトックスで気になるエラを小さくしよう【咬筋の発達が原因】

サイトメニュー

初めての美容クリニック

注射

実は技術が大事な注射治療

エラが張っていると男性的な顔立ちになるので、気にしている女性は少数ではありません。骨格を変えることは容易ではありませんが、エラが咬筋の過度な発達が原因であれば、ボトックス注射で改善可能です。ボトックス施術は美容外科や美容皮膚科で受けるのが一般的なため、予約して来院してください。自費診療で経営しているクリニックのほとんどが予約制であり、飛び込みの患者は受け入れてもらえない可能性が高いです。大手クリニックの多くは、ホームページに予約フォームを用意していて、24時間予約が可能です。また、メール相談ができるクリニックも少なくないので、事前に疑問を解消できます。自費診療は患者の希望に施術が適するかどうかを診断し、施術が決まればその詳細内容やリスク、費用などについて説明することが大事なので、カウンセリングに時間をかけるのが一般的です。保険治療と違うのは、説明と費用に納得した上で治療が開始されるという点です。ですから、もし納得がいかない場合や費用が高すぎる場合などは、治療を断っても構いません。いくつかのクリニックを回ってカウンセリングを受けてみるという人も少なくなく、それは当然の権利とも言えます。でも、他院にも足を運んでいるということが分かると競争心を燃やすタイプの医師もいるので、口をつぐんでいたほうが賢明です。エラボトックス施術のような注射治療は患者からすれば手軽な若返り治療という印象ですが、注入技術がない医師が行うと効果が大きく違ってしまう、簡単な施術ではないのです。患者一人一人咬筋の使い方や筋肉量は違うため、それを見極め注入する位置や深さを計り適切な量を注入しなければ、本来の効果は得られません。そして適切なところに注入されなければ、表情に悪影響が出る可能性があります。ですので、クリニック選びは慎重に行いたいところです。できるだけ症例数の多い医師を選んだり、自分自身やスタッフにボトックス注射を行っていたりするクリニックを選ぶのも一案です。それから、注射治療に保証制度を設けているクリニックは少なくありません。エラボトックス注射であれば、1週間以内に効果が現れない場合は、無料で追加注射できるといった保証内容が多くなっています。これはボトックスの効果が最大を迎えるのが、1週間から2週間後とされているためです。追加注射のタッチアップはクリニックによって期限が違う可能性がある点と、再診料はかかるかもしれない点には注意してください。また、注射後に横になったり頬をマッサージしたりすると、製剤が咬筋以外に移動してしまう可能性があるので避けてください。

Copyright© 2018 ボトックスで気になるエラを小さくしよう【咬筋の発達が原因】 All Rights Reserved.